FC2ブログ
に、行ってきました。

この、イベントは、毎年4月1日の市民の日に関連して駅東の公園と公共施設などを用いて行われている、毎年恒例のイベントである。

3日に東武宇都宮駅で入手したチラシによると、10時からとのことなので、9時頃家を出て、9時30分頃に、会場へのシャトルバスが出ているJR宇都宮駅東口に行くと、既に多数の人がいました。。。。
丁度、バスが発車した直後に乗り場についたので、運良く座ることができました。
乗ったバスも、満員になり次第発車した。

会場について、驚いたのは、昨年までは、会場側のバス乗り場は、緑道?で、会場の公園までは、緑道を進むか、歩道で少し歩いて別な入口までいくようだったが、今年は、バスを降りたすぐのところに、公園の入口が出来ていた。

入り口のところで貰ったパンフレットを見ると、シャトルバスは、8時から運行されているとの事だった・・・。

会場内は、各種団体のブースがあり、アンケートに答えれば、花の苗をくれるところや、
教育委員会などで保存している電気機関車の内部公開、起震車の体験などもあった。

ビームライフルの身分別(小中学生、社会人など)ハイスコアところで、みなれた名前があった・・・・・・。
同じ大学に通う、市内在住の人だった。
興味はあるが、荷物を持っていたので、兆戦はしないことにした。

ビームライフルの直ぐ近くのブースでは、市の水道局がおいしい水道水をアピールして、水道水のペットボトルを配布していた。
アピールのしかたは、水道水、市販の天然水(国内、国外各1種)計3種を飲み比べて、どれが、どれかをあてるというものだったが、全部あたっても、外れても最後には、水道水のペットボトルをくれる。
それ以前に、これ自体は、昨年および、一昨年のマロニエ緑化祭のときにも、実施されていたので、私は、過去に体験済みである。。
それよりも、水道水のペットボトルは、マロニエ緑化祭の前に、新聞で読んだときは、たしか、2万本作ったはずなのだが、、、
それが、まだ残っているのか、はたまたその後、さらに作ったものなのか不明である。

ビームライフルの所から、バス乗り場に向かう途中で、今度は、本人と出会った。
どうやら、出店(ヨーヨーすくい)の店員だったようだ。


天気が良いのと、人が多いので、11時半頃には会場を出るバスに乗り、駅へ戻った。
乗ったバスは往復とも、中型ワンステで、往復ともに座れた。
ちなみに、運行していたバスは、帰りに見た限りでは、栃木22う812,宇都宮200か10,宇都宮200か16の三台であった。


ただ、出店の焼きそばの値段は値段一定してなく、150円のところもあれば、300円のところもあった。
提供元が異なるので、コストが価格に響いている他、パックのサイズの差などもあると思われるが。。。
2002.05.12 Sun l バス以外の日記 l top