FC2ブログ
今日は、館林へ行ってきました。

私が住む宇都宮から、館林へ行くには、いくつかのルートがあるが、今回は東武宇都宮6:15発の準急で板倉東洋前駅へ行き、そこからバスで館林駅前へ出るルートで行った。
(準急といっても、板倉東洋大の先にある東武動物公園までは各駅停車だが。)

板倉東洋大前駅から館林駅までは、同じ時間に2系統の路線バスが出るので、最初は先に来たほうに乗ろうと思ったが、方向幕が回送のままなので、乗るのをためらっているところに、別の系統のバスが到着し、そちらは、到着後直ぐに方向幕を回して、館林駅行きと表示されたので、そのバスの写真を撮ってから、バスに乗りこんだ。

祝日ということもあるので、私以外には乗客はいないと思っていたが、板倉東洋大前を発車した時点で、私のほかに4名、途中で乗降があり、館林駅に到着した時は、私を含めて、3名だった。

今回乗車した、館林駅へ向かうバスは、今回の目的地の群馬県立つつじが岡公園を通ったが、館林駅~つつじが岡公園までの、臨時バスにも乗りたいため、館林駅まで行った。

館林駅前からつつじが岡公園までの臨時バスは両毛観光バスが運行していて、片道280円の運賃で、貸切用のSHDに乗れるからである。

館林駅前についたのは、つつじが岡公園までの臨時バスの始発が出る40分前であった。
臨時バス乗り場をうろうろしていると、臨時バス乗り場に何人か来たが、発車まで30分くらい時間があるので、どこかへ行ってしまった。

最初に来たのは、係員なども乗車している臨時便のようで、つつじが岡公園までの乗客は、私1人だった……。
そのため、定刻の9:10より少し早い9:06に館林駅前を発車した。
つつじが岡公園の乗り場?に到着したのは9:15だった。

バスを降りて、そのまま公園の正門?に向かったが、すでに何台か観光バスが来ていたし、後からも次々と来た。

公園は、去年は入場料500円かかってたが、前日にネットで検索すると、4月29日より無料開放となっていたが、正門前の販売所などでは、本日から無料となっていた………。

んで、園内に入ると、大部分のつつじは、咲き終わっていた。
それでも、帰る頃になると、正門へ通じる道路は、やや渋滞気味だったので、連休で来ている人もそこそこいたようだった。

館林駅~花山(つつじが岡公園)間の臨時バスも、去年(5月4日,5日)来た時は、10台ぐらいで、ピストン?輸送していたが、今年は、4台だけの運行のようだった。
それでも、観光バスは都内の事業者のバスを中心に10台以上見かけた。

駅行きは、定刻の11:15が出た後に、乗り場についたので、次は12:20のようだったが、実際は臨時便が出てたので、11:41頃に発車し約10分ぐらいで駅前に到着した。

私は、板倉東洋大前までのバスがあれば、それで、帰ることにしていたので、早々乗り場に行って、時刻表を見ると11:55発があったので、自販機で飲み物を買い、先払いの200円を運賃箱に入れて乗りこんだ。
ところが、11:55になっても、なかなか発車しなかったので、どうしたものかと思ったが、
しばらくして、発車した。
館林駅を発車した時点で、私のほかに二人(祖父と孫のように見えた)乗っていて、途中で乗降があり、板倉東洋大前駅まで乗車したのは、私以外では、途中で乗車した1人だけだった。

板倉東洋大前駅からは、12:38の新栃木行きに乗車し、栃木で13:14発の宇都宮線に乗りかえた。
(ここで、約30分待てば、昨日と同じVVVF車の30000系に乗れたのだが、昨日乗っているうえ、30分待つのも暇なので、今日のところは、VVVF車に乗るのはあきらめた)

宇都宮線に乗車中に安塚駅の手前で、隣に座っていた外国の方から、この電車は新鹿沼に行くかと聞かれた。その人の乗車券を見ると、浅草で1区間の運賃で入り、車内清算したきっぷで、路線図がでていたので、それをゆびさしながらこの電車は新鹿沼へは行かないと説明した。その人は、安塚で下車したが…・…。その後どうなったのか、少し気になる。
終点の東武宇都宮まで行けば、バスで新鹿沼へ行けるが、バス代が700円ぐらいなので、それは教えなかった。

東武宇都宮到着後に、バスで一旦、JR宇都宮駅まで行こうと思い、バスに乗りこんだ。
バスの発車までの間に、今日出かけたついでだから、明日行こうと思っていた散髪を今日いくことにし、JR宇都宮駅到着後に、いつもいっている床屋(自宅近くではなく、郊外にある祖母宅の近くなので、最近では、床屋に行くついでに祖母宅へ顔を出している)方面へのバスへ乗り換えた。

今回床屋では、「ちょっと長めに」というオーダー?をしてみたが、これが、失敗だった。
後からサイドにかけては、よかったのだが、上のほうは少し長かった。オーダー?をだしたあとに、「上のほうはどうします?」と聞かれたたのだが、そのまま「ちょっと長めに」と言ってしまった、そのとき、上のほうは短くと言っておけばよかったと、後悔している。

床屋をでて、祖母宅に30分ぐらいいて、帰途についた。
余談だが、祖母宅の方から市内までのバス代が、4月の初めに、市内の地帯区間が試験的に値下げしたのに伴い、それまでより、10円ほど安くなったいた………。

前半の交通費
東武宇都宮~板倉東洋大前:630*2
板倉東洋大前~館林駅前:200*2
館林駅前~花山:280*2
2002.05.04 Sat l バス日記 l top