FC2ブログ
に、行ってきました。

この、イベントは、毎年4月1日の市民の日に関連して駅東の公園と公共施設などを用いて行われている、毎年恒例のイベントである。

3日に東武宇都宮駅で入手したチラシによると、10時からとのことなので、9時頃家を出て、9時30分頃に、会場へのシャトルバスが出ているJR宇都宮駅東口に行くと、既に多数の人がいました。。。。
丁度、バスが発車した直後に乗り場についたので、運良く座ることができました。
乗ったバスも、満員になり次第発車した。

会場について、驚いたのは、昨年までは、会場側のバス乗り場は、緑道?で、会場の公園までは、緑道を進むか、歩道で少し歩いて別な入口までいくようだったが、今年は、バスを降りたすぐのところに、公園の入口が出来ていた。

入り口のところで貰ったパンフレットを見ると、シャトルバスは、8時から運行されているとの事だった・・・。

会場内は、各種団体のブースがあり、アンケートに答えれば、花の苗をくれるところや、
教育委員会などで保存している電気機関車の内部公開、起震車の体験などもあった。

ビームライフルの身分別(小中学生、社会人など)ハイスコアところで、みなれた名前があった・・・・・・。
同じ大学に通う、市内在住の人だった。
興味はあるが、荷物を持っていたので、兆戦はしないことにした。

ビームライフルの直ぐ近くのブースでは、市の水道局がおいしい水道水をアピールして、水道水のペットボトルを配布していた。
アピールのしかたは、水道水、市販の天然水(国内、国外各1種)計3種を飲み比べて、どれが、どれかをあてるというものだったが、全部あたっても、外れても最後には、水道水のペットボトルをくれる。
それ以前に、これ自体は、昨年および、一昨年のマロニエ緑化祭のときにも、実施されていたので、私は、過去に体験済みである。。
それよりも、水道水のペットボトルは、マロニエ緑化祭の前に、新聞で読んだときは、たしか、2万本作ったはずなのだが、、、
それが、まだ残っているのか、はたまたその後、さらに作ったものなのか不明である。

ビームライフルの所から、バス乗り場に向かう途中で、今度は、本人と出会った。
どうやら、出店(ヨーヨーすくい)の店員だったようだ。


天気が良いのと、人が多いので、11時半頃には会場を出るバスに乗り、駅へ戻った。
乗ったバスは往復とも、中型ワンステで、往復ともに座れた。
ちなみに、運行していたバスは、帰りに見た限りでは、栃木22う812,宇都宮200か10,宇都宮200か16の三台であった。


ただ、出店の焼きそばの値段は値段一定してなく、150円のところもあれば、300円のところもあった。
提供元が異なるので、コストが価格に響いている他、パックのサイズの差などもあると思われるが。。。
2002.05.12 Sun l バス以外の日記 l top
今日は、関東自動車の創立75周年のお客様感謝デーに行ってきた。

部品即売会ということもあり、それを目当ての人もいたようだが、家族連れなども多く、
地元のテレビ局の取材も来ていたようだ。 

展示していたのは、夜行高速バスの2階建てのバス(栃木200か24)、貸切用のUFC(栃木22う300),SHD(栃木22う666),HD(栃木22う1045)、路線用のノンステ(宇都宮200か286),ワンステ(栃木22う1183),ツーステ(栃木22う1052、栃22あ1364)、それに市内循環バス用の小型バス(宇都宮200あ200)であった。

模擬店では、ジュースは、缶入り80円、ペットボトル100円。やきそば・たこやき共に200円という安値の他、かき氷が無料で振舞われていた。

部品即売では、方向幕や車内のプレート類、以前使用していた案内放送のテープ、両替機などで、替わったものでは、ハンドルや以前在籍していたスーパーハイデッカーの乗車の際に用いる踏み台も売られていた。


部品即売も、終了近くなると、100円均一、さらには無料と、ほんとに?お客様感謝デーらしくなっていった。

また、終了後も残っていると、入口に「車での入場はできません」と書いて、掲げられていた、
高速バスの広告(上記の文字が書かれていたのは裏面)や、イベント名が書かれていた貸切車の団体名の用紙なども配布されていて、私は両方とも貰った。

広告バスの広告のほうは、バッグに入らないので、そのまま手に持って帰りましたが、
帰りに乗った路線バスの車内で、物が物だけに、他の人の視線が…………。
2002.05.06 Mon l バス日記 l top
今日は、館林へ行ってきました。

私が住む宇都宮から、館林へ行くには、いくつかのルートがあるが、今回は東武宇都宮6:15発の準急で板倉東洋前駅へ行き、そこからバスで館林駅前へ出るルートで行った。
(準急といっても、板倉東洋大の先にある東武動物公園までは各駅停車だが。)

板倉東洋大前駅から館林駅までは、同じ時間に2系統の路線バスが出るので、最初は先に来たほうに乗ろうと思ったが、方向幕が回送のままなので、乗るのをためらっているところに、別の系統のバスが到着し、そちらは、到着後直ぐに方向幕を回して、館林駅行きと表示されたので、そのバスの写真を撮ってから、バスに乗りこんだ。

祝日ということもあるので、私以外には乗客はいないと思っていたが、板倉東洋大前を発車した時点で、私のほかに4名、途中で乗降があり、館林駅に到着した時は、私を含めて、3名だった。

今回乗車した、館林駅へ向かうバスは、今回の目的地の群馬県立つつじが岡公園を通ったが、館林駅~つつじが岡公園までの、臨時バスにも乗りたいため、館林駅まで行った。

館林駅前からつつじが岡公園までの臨時バスは両毛観光バスが運行していて、片道280円の運賃で、貸切用のSHDに乗れるからである。

館林駅前についたのは、つつじが岡公園までの臨時バスの始発が出る40分前であった。
臨時バス乗り場をうろうろしていると、臨時バス乗り場に何人か来たが、発車まで30分くらい時間があるので、どこかへ行ってしまった。

最初に来たのは、係員なども乗車している臨時便のようで、つつじが岡公園までの乗客は、私1人だった……。
そのため、定刻の9:10より少し早い9:06に館林駅前を発車した。
つつじが岡公園の乗り場?に到着したのは9:15だった。

バスを降りて、そのまま公園の正門?に向かったが、すでに何台か観光バスが来ていたし、後からも次々と来た。

公園は、去年は入場料500円かかってたが、前日にネットで検索すると、4月29日より無料開放となっていたが、正門前の販売所などでは、本日から無料となっていた………。

んで、園内に入ると、大部分のつつじは、咲き終わっていた。
それでも、帰る頃になると、正門へ通じる道路は、やや渋滞気味だったので、連休で来ている人もそこそこいたようだった。

館林駅~花山(つつじが岡公園)間の臨時バスも、去年(5月4日,5日)来た時は、10台ぐらいで、ピストン?輸送していたが、今年は、4台だけの運行のようだった。
それでも、観光バスは都内の事業者のバスを中心に10台以上見かけた。

駅行きは、定刻の11:15が出た後に、乗り場についたので、次は12:20のようだったが、実際は臨時便が出てたので、11:41頃に発車し約10分ぐらいで駅前に到着した。

私は、板倉東洋大前までのバスがあれば、それで、帰ることにしていたので、早々乗り場に行って、時刻表を見ると11:55発があったので、自販機で飲み物を買い、先払いの200円を運賃箱に入れて乗りこんだ。
ところが、11:55になっても、なかなか発車しなかったので、どうしたものかと思ったが、
しばらくして、発車した。
館林駅を発車した時点で、私のほかに二人(祖父と孫のように見えた)乗っていて、途中で乗降があり、板倉東洋大前駅まで乗車したのは、私以外では、途中で乗車した1人だけだった。

板倉東洋大前駅からは、12:38の新栃木行きに乗車し、栃木で13:14発の宇都宮線に乗りかえた。
(ここで、約30分待てば、昨日と同じVVVF車の30000系に乗れたのだが、昨日乗っているうえ、30分待つのも暇なので、今日のところは、VVVF車に乗るのはあきらめた)

宇都宮線に乗車中に安塚駅の手前で、隣に座っていた外国の方から、この電車は新鹿沼に行くかと聞かれた。その人の乗車券を見ると、浅草で1区間の運賃で入り、車内清算したきっぷで、路線図がでていたので、それをゆびさしながらこの電車は新鹿沼へは行かないと説明した。その人は、安塚で下車したが…・…。その後どうなったのか、少し気になる。
終点の東武宇都宮まで行けば、バスで新鹿沼へ行けるが、バス代が700円ぐらいなので、それは教えなかった。

東武宇都宮到着後に、バスで一旦、JR宇都宮駅まで行こうと思い、バスに乗りこんだ。
バスの発車までの間に、今日出かけたついでだから、明日行こうと思っていた散髪を今日いくことにし、JR宇都宮駅到着後に、いつもいっている床屋(自宅近くではなく、郊外にある祖母宅の近くなので、最近では、床屋に行くついでに祖母宅へ顔を出している)方面へのバスへ乗り換えた。

今回床屋では、「ちょっと長めに」というオーダー?をしてみたが、これが、失敗だった。
後からサイドにかけては、よかったのだが、上のほうは少し長かった。オーダー?をだしたあとに、「上のほうはどうします?」と聞かれたたのだが、そのまま「ちょっと長めに」と言ってしまった、そのとき、上のほうは短くと言っておけばよかったと、後悔している。

床屋をでて、祖母宅に30分ぐらいいて、帰途についた。
余談だが、祖母宅の方から市内までのバス代が、4月の初めに、市内の地帯区間が試験的に値下げしたのに伴い、それまでより、10円ほど安くなったいた………。

前半の交通費
東武宇都宮~板倉東洋大前:630*2
板倉東洋大前~館林駅前:200*2
館林駅前~花山:280*2
2002.05.04 Sat l バス日記 l top